虫と共に去りぬ

虫や金魚を中心に、生きものたちと歩む日々

家族のiPhoneバックアップとか

家族のiPhoneを私のiMacでバックアップしたので備忘録

 

【目的】

母はiPhoneiPad、父はiPhoneを、それぞれバックアップ&ソフトウェアアップデートする

 

iTunesでのバックアップデータ保存先を、iMacから外付けHDDに変更する

まず母、父それぞれにのデータがごちゃ混ぜにならないようiMacのユーザーを新規追加。

母のユーザアカウントでiMacにログインしたらiTunesに接続。

外付けHDDにバックアップするので、バックアップデータの保存先を変更。


↓やり方↓


上部のFinderメニュー「移動」をクリック

>optionキー押す

>表示された「ライブラリ」選択

>階層表示でMacintosh HD/ユーザ/imacの名前/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup までたどる

※ユーザ・アプリケーション・システムと同じ階層にも、同名の「ライブラリ」があるがこれは別物なので注意。

>Backupファイルを外付けHDDにそのままドラッグ&ドロップ

>移動が完了したらiMac側のBackupフォルダはごみ箱へ。捨てないとショートカットが作成されないので注意。※まだ完全消去しないこと。

>ターミナル起動

>【ln -s 】(エルエヌ+半角スペース+ハイフン+エス+半角スペース)を入力

>先ほど外付けHDDに移動させたBackupフォルダをターミナルにドラッグ&ドロップ。

ln -s /Volumes/BUFFALOなんとかかんとか(外付けHDDの名前)/Backup  となるはず。

>次に、先ほどのMobileSyncフォルダ(iMac側の)をターミナルにドラッグ&ドロップ。

/Users/iMacの名前/Library/Application\ Support/MobileSync が追加されるはず。

>ここまで書けたらEnter押す

>成功していれば、MobileSyncフォルダの直下に、外付けHDD内のBackupフォルダへのショートカットが作られるはず。

>ちゃんとバックアップデータの保存先として外付けHDDが認識されているかチェック

iTunesを起動

>左上のiTunes→環境設定→デバイス

>デバイスのバックアップ欄に、これまでのバックアップ履歴が表示されていればOK

>最後にごみ箱に入れていたBackupフォルダを消去

 

これで、iTunesiPhoneをバックアップする際に、「このコンピュータ上で」「手動で今すぐ」バックアップを選択した際のデータの保存先が外付けHDDに変更されたことになる。

 

で。

 

②いざバックアップ

いつも通り、「このコンピュータ上」を選択してまずはバックアップ。

その後、ソフトウェアアップデートを行う。

ただ、iPhoneのストレージが足りないとアップデートが行えない場合があり、今回もそうだった。

そこでバックアップのみで

 

③標準の「写真アプリ」の保存先を外付けHDDに変更する

 

外付けHDDに「写真」  アプリが入ったあと。

次にiPhoneの中の写真をバックアップするときは、次の作業をする。


「写真」 アプリ>左側のメニュー一覧からデバイス>〇〇(ユーザ名)のiPhone>右上に「すべての新しい項目を読み込む」という青いボタンがあるので選択


これで前回バックアップした時以降に撮影された写真が外付けHDD内に取り込まれて保存される。

本当に保存されているか確認するには、パソコンからiPhoneを取り外した後に、この「写真」アプリを開き>左メニューのライブラリ>写真を選択して、最新の写真や動画が入っていることを確認ればよい。

 

Illustrator マスクのための書き出し形式

マスクのための備忘録

 

Illustratorでファイル>書き出し>書き出し形式

>ファイル形式を「PNG」>アートボードごとに作成のチェックを外す

>「PNGオプション」がポップアップしてくるはず

>解像度:その他(400ppi)

アンチエイリアス:アートに最適(スーパーサンプリング)

インターレースのチェック外す

>背景色:透明

>OKで完了

 

これで解像度400ppiで自動的にカラープロファイルの埋め込みはなしになる。

 

 

Photoshopの「曲線ペンツール」

フォトショの「曲線ペンツール」がとっても良い。

点を打っていくだけで滑らかな曲線が描ける。

点を打ち終わって線が描けたらエンターで一旦決定する。

描いた線は「シェイプ」レイヤーになるので、まずは全部書いてから全てのシェイレイヤーを選択して一括で塗りの濃さを変更>脈レイヤーに結合すれば線で囲われた部分が塗りつぶされることもなく結合できる。

 

Macで画面&音声収録

「⌘+Shift+5」で画面収録はできるが録音ができない。

 

1:Soundflower

2:Ladio Cast

 

この二つを使って解決できるらしい。

やってみた。

 

SoundflowerをDLするとシステム環境設定>サウンド>出力・入力欄にSoundflowerが表示されるようになるので、画像の通りそれぞれ出力・入力を設定。

・出力=Soundflower(2ch)

・入力=内蔵マイク

f:id:gone_with_the_bugs:20201220181121p:plain

f:id:gone_with_the_bugs:20201220181245p:plain

 

次にLadio Castを起動。

f:id:gone_with_the_bugs:20201220181440p:plain

起動すると出てくる「ミキサー」で、1行目の入出力のみ以下のように設定。

・入力1=Soundflower(2ch)

・出力メイン=内蔵出力

f:id:gone_with_the_bugs:20201220181508p:plain

 

あとは「⌘+Shift+5」で表示される「オプション」から「マイク」設定を「Soundflower(2ch)」にしておくこと。

それから「収録」ボタンを押して録画&録音開始!

※ただし、理由は不明だけどこの方法だとQuick Time Player>ファイル>新規画面収録が選択できなくなっているので、ひとまずは「⌘+Shift+5」から収録すること。

 

<追記>

欠点発見したのでメモ。(自分のやり方が間違ってるだけかもだけど)

上の方法で設定し終えたので安心してLadio castアプリを閉じたら、ただ普通に聴こうとしたYoutube動画の音声がちっとも流れない。この時システムのサウンド出力は「Sound flower(2ch)」の状態。

考えてみれば、当たり前だった。

なぜなら、画面&音声収録のためにまず[システム環境設定]で内臓音声の出力をSound flower(2ch)にして、さらにその音声を収録と同時に聴くために[Ladio cast]でSound flower(2ch)から内臓出力への通路を作っていたわけだ。

だから、ミキサーの[Ladio cast]を終了したら、音声は[システム環境設定]で設定したSound flower(2ch)宛に出力されたところで止まっていることになる。内臓出力につながっていないのだから、この状態で動画を再生してもそりゃ無音になるわけだ。(たぶん)

つまり、通常の動画視聴の時と、画面&音声収録をする時とで逐一設定を変更する必要があるらしい。(一度設定してしまえばそのままでいいと思ってたけどダメっぽい)

 

★画面&音声収録時↓

①[Ladio cast]を起動しておく(ここの設定は済んでいるのでいじらなくてOK)

②[システム環境設定]で内臓音声の出力をSound flower(2ch)

 

☆通常の動画視聴時

①[Ladio cast]は起動していない状態

②前提として①の状態の場合に[システム環境設定]で内臓音声の出力を内臓スピーカーにしておく(これで動画の音が普通に出る)

 

終わり

 

PhotoshopからIllustratorに解像度を変えずに画像を貼る

まずイラレで実際に画像を置いてみて、最終的な画像のサイズを認識する

そしたらフォトショでさっきのサイズに画像を拡大or縮小する。

方法はイメージ>画像の解像度>任意のサイズに幅と高さを入力(単位をイラレと合わせること)>再サンプルにチェックをつける>拡大or縮小

 

そしたらそのpsdデータ保存して、今度はイラレの「開く」から呼び出す

 

イラレで開いたさっきのフォトショデータをコピペして、最初に編集していた入稿用のイラレデータに貼り付ける。

 

終了。

プリ◯トパック年賀状宛名印刷CSVファイルについて

タイトル通り、「プリントパ◯ク年賀状宛名印刷CSVファイルについて」備忘録。

宛名印刷を頼みたくてCSVファイルを作ったのにプリ◯トパックがエラー吐きまくりで全然読み込めなかったので、問い合わせのメール送る>5日間無視される>電話する>ブラウザの問題では?>SafariからChromeに変える>やっぱりエラー>再度電話>Macは動作保証してないから仕方ない発言にプンスコ>自己嫌悪 という経緯だったが、結果的に素人でもなんとかCSV読み込みまで行けたので忘れないうちに書く。同じ苦しみでフラストレーション溜まってる方に一つでも力になれば、、(と言ってもド素人の何も分かっていないあがきをメモしただけです)

 

 

=前提=

 

iMac使用

・プリントパッ◯の宛名テンプレCSVはDL後にNumbersで開き、住所録完成後にCSV書き出ししてた

・プ◯ントパック側でCSV読み込み時のエラーが「テンプレの一行目をいじるな消すな」的なやつだった

 

※↑このエラー内容の場合は、制作したCSVの形式?だかコード?だかがそもそも崩れてしまっていることを示しているそう。私の場合テンプレを表示するためにNumbersを使っていた時点で既にテンプレCSVのコードとかが崩れていたので、内容に無駄な空白がないかとか、テンプレを再度DLしてきて一行目以外をコピペするとかいう虚無行為をいくらしたところで全然読み込まれなかったということ。あーあ。

 

 

 

=プ◯ントパックが対応するコード=

 

こちらがどんな形のCSVデータを持っていけばプ◯ントパックが受け取ってくれるのかというと、少なくとも以下のコードが合致していることが必要。

 

・改行コード「CR+LF(Windows)」

文字コードShift_JIS

 

Shift_JISは見たことあるな程度で何のことか全くわからんけどコレをクリアしないとダメということだけは電話でわかった。

 

 

 

=必要なソフト=

 

つまりプ◯ントパックからDLしたテンプレCSVを、上のコードになるように指定して書き出すことができるテキストエディタが必要になる。どんなのがあるのか尋ねて教えてくれたのが、Mac対応フリーソフトの「mi(えむあい)エディター」。

コレを使ってCSVデータ作って書き出してプ◯ントパックにぶち込めば勝てる。1ミリ光が見えた。

 

Macは保証していないから仕方ない的なこと平然と言うのはかなりアレだったけれど、電話口のお兄さんが話してくれた質問への答えは完全な素人に対するものとしては適切的確だったと今は思う。(夜中までお疲れ様です。ありがとうございます)

 

 

 

=手順=

 

>「mi(えむあい)エディター」DL。

↓公式ページ

https://www.mimikaki.net

>プ◯ントパックの宛名テンプレ再度DL

右クリックして「mi(えむあい)エディター」で開く

>エディタ上部の設定がプ◯ントパック側の指定コードと合致しているか確認。

画像の通りになっていればOK。

・改行コード「CR+LF(Windows)」

文字コードShift_JIS

・「CR+LF(Windows)」の隣はCSV

f:id:gone_with_the_bugs:20201125224138p:plain

>一行目に「郵便番号,住所1,住所2,住所3,会社名,部署1,役職名1,姓1,名1…」と長々コンマで区切られているはず。

>今まで作っていてエラーになっていた宛名CSVデータをNumbersで開く

>開いた時にポップアップする「表データが読み込まれました:設定を調整」をクリック。

このポップアップを選択する前に他の部分触ると「設定を調整」の文字がどっかに消えるので早めにクリック。※その後見つからなくて私は再度CSV開き直した。

>「読み込み設定」画面が現れるので「区切りに使用する値」のボタンを全部外して無選択状態にする。↓

f:id:gone_with_the_bugs:20201125230327p:plain

 

>さっきまで整然と並んでた宛名情報が「郵便番号,住所1,住所2,,会社名,部署1,,,姓1,名1,,,,,,,,,,」みたいな気持ち悪いコンマの波に変わったはず。大丈夫だ落ち着け。

>右下の「表をアップデート」を選択

>コンマの波の先頭から一番最後の人まで全部選択して(青色の枠で囲感じ)コピーしておく。つまり⌘+C。(最初の宛名の人から選択していく。プ◯ントパックの宛名テンプレに元からあった文字「郵便番号,住所1,」とかは選択しないこと)

>「mi(えむあい)エディター」に戻る

2行目の先頭にカーソルを置いて、さっきコピーした宛名情報をドカンとペースト。

1行目はプ◯ントパックの宛名テンプレ「郵便番号,住所1,住所2,住所3,会社名,部署1,役職名1,姓1,名1…」のまま、2行目から自分の送り先の人の宛名がコンマまみれで並んでいるはず。

>この「コンマ」が1行目と2行目以降で同じようになっているか確認。コンマの大きさが違うとか、区切りに使われている記号がそもそもコンマじゃないとかってなるとダメ。

>ちゃんと同じになっていたら左上のフロッピーマークか、「ファイル>別名保存」でCVSデータとして保存。

 

 

>プ◯ントパックにぶち込む。

 

 

終わり

 ※作り終わってまだプリントパ◯クに投げていないCSVファイルはくれぐれもNumbersとかで開いちゃだめ。開いただけでもまたコードが崩れて最初からやり直しになる。

 

 

 

=追記=

【住所が2行にならない問題】

 

年賀状印刷の時期にはプリントパ◯ク上に特設ページが用意されて、そこには宛名CSVを読み込むとどのような印刷の見た目になるかがわかるプレビュー機能があるわけで。読み込んだCSVで住所に間違いがあったり、バランスを変えたい部分があれば「編集」ボタンから個別に宛名を出ることができる。

 

のだが。

 

宛名CSVを文字化けもせず読み込めたのは良いけれど、やっぱりというか何というか。プレビュー画面で事件発生。CSVで「住所1」と「住所2」に分けて記入していたはずの送り先情報が思いっきり1行になっている。文字が詰まりすぎていて、流石に不恰好、無視できないレベル。長すぎるから2行に分けるか!と全員の住所のバランスをある程度考えながらCSVに書き込んでいったというのに、その努力と時間と手間を完全に反故にしてくれるプリントパ◯ク。さすがですよ本当に。

(それでも他社に行かない、というか行きたいくないのは他社のやり方を今更一から調べるのが嫌だからなんだど、こんだけ思い通りにいかないこと連発だと、もはやその方が早いような気もしてきてはいる)

 

 

とはいえ、この住所アンバランスはこのプレビューの「編集」から一応は直せはするんですよ。

 

例えば、住所が『豊島区 上池袋 @-☆-##-■-$』みたいな長めのものだったとする。

だからできれば2行にしたい。

 

実際にプリントパ◯ク上の「編集」画面を開いてみる。

CSVで「住所1(豊島区上池袋)」「住所2(@-☆-##-■-$)」にいれていたものが、プレビューで1行になっていた通りに編集画面では「住所1(豊島区上池袋@-☆-##-■-$)」にまとめて突っ込まれている。コレを編集画面でCSVと同じ「住所1(豊島区上池袋)」「住所2(@-☆-##-■-$)」にすれば、プレビュー画面に戻った時にもちゃんと2行にはなってれるんです。

 

でも数百の人を全部またプリントパ◯ク上の「編集」機能でいじっていくの???

ほんきか?????

そんで来年もそれをやるのか?????

 

どっちにしろ同じ時間が掛かるなら当然CSV側の元データを再度整理したい。(いや、やりたかないけど仕方ない)

CSV側でどこの枠に何を入れればちゃんとプレビューで2行になってくれるのか。

しつこいけど電話しましたよ。

 

結論。

CSV側で「住所1(豊島区)」「住所2(上池袋)」「住所3(@-☆-##-■-$)」にすれば、CSV読み込んだ後のプレビュー画面で

1行目:豊島区上池袋

2行目:@-☆-##-■-$

という表示になります。良いバランスです。

 

つまりCSV上で「住所1」「住所2」を分けていても、プリントパ◯クのプレビュー上では、この二つは必ず1行目にまとめて入れられてしまうということ。2行目に入るのは「住所3」からです。

 

まとめると、CSV側であらかじめ年賀状住所の1行目と2行目の文字を指定するには、

年賀状1行目に入れたい文字列を、適当に「住所1」「住所2」に分配して記入しておき、

年賀状2行目に入れたい文字列は、「住所3」に書くということ。

 

だったらCSV上で「住所2」は空白のままにして、

「住所1(豊島区)」=つまりプレビューでの1行目

「住所3(上池袋@-☆-##-■-$)」=つまりプレビューでの2行目

でも良いんじゃない???と思うかもしれませんが、これをやるとプリントパ◯ク側にCSVをアップロードする時に「おや?住所2が空白のようです」という親切エラーで弾かれます。うるさいわ。(経験者)

 

本当にフラストレーションですが宛名印刷してもらえるだけでもめちゃんこ有難いし、システム作ってビジネスとして回していかなきゃいけないって相当大変なんだろうなと半分ブチ切れながらも半分感謝して作業します。

 

終わる。

 

 

 

 

 

=追記の追記= ※もうやりたくない。

 

私はプリントパ◯クじゃねーぞ!!!!!怒笑

Macで年賀状宛名印刷を頼む人はみんなこんな苦しみしてるの??

コレ私だけ?????

Macは動作保証してないし、サイトに記載しているのはあくまでWindowsでのやり方です(ドヤ)」って言ってたコールセンターの人、言いたいことは分かるんだけどプリントパ◯クユーザーとしては良い印象は一ミリも無かったよ。それでも御社のサービスを使いたいので頑張るけどさ。

 

【名前が3文字の方の表示について】

 

例えば「鈴木 陽」という方の名前の場合、

CSV上で「姓1(鈴木)」「名1(陽)」とすると、

プレビューでは↓

 

鈴木 陽様

 

となってしまう。

希望としては

 

鈴木 陽 様

 

みたいに、名前と敬称の「様」の間にちゃんと空白が欲しいわけです。

完全ではないけど一応の解決策は、

CSV上で「姓1(鈴木陽)」と記入すること。

 

つまり「姓1」に氏名全部入れて、「名1」は空白のままでOK。

するとプレビューでは、

鈴  木  陽  様

に近い形になって、先の

鈴木 陽様

よりは若干バランスのとれた形になります。

完璧じゃないかもけど。

 

それと、CSVをアップロードした時に「88行目消したんじゃない?変ないじり方したんじゃない?」的なエラーを吐かれることもあると思いますが、あれは88行目を名指ししていながら実は88行目に問題は無く、その前後の行のどこかが原因であることもあります。

このエントリの上部で書いてきたように、私のCSVはもはやコンマ地獄と化しているので、88行目を目が潰れるほどチェックしていたのに、実は87行目でコンマが一個抜けていたということがあり、訂正からのアップロードクリアを経験したので、これもメモしておきます。

 

カンマだらけのCSVを再度ナンバーズでちゃんとした表にして編集したい場合は、miエディターで左から「UTF-8」「LF(Mac/UNIX)」「標準」に設定知して保存。

そのデータをNumbersでひらけば表として表示されているはず。そこで編集してもOK。

 

もうやだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Illustrator】オブジェクトの色をDICに置き換える方法

近似色のDICカラーで置き換えたいオブジェクトを選択状態にする

>上部メニュー

>編集

>カラーを編集

>オブジェクトを再配色

>詳細オプション

>以下の赤丸部分をクリック

f:id:gone_with_the_bugs:20201117152445p:plain

>カラーブック

>DICカラーガイド

>赤丸部分に「DICカラーガイド」と表示されたらOK

>置換されたDICカラーの番号を知りたい場合は緑丸をダブルクリック

スウォッチ欄に置換されたカラー番号が表示されている