虫と共に去りぬ

虫や金魚を中心に、生きものたちと歩む日々

家族のiPhoneバックアップとか

家族のiPhoneを私のiMacでバックアップしたので備忘録

 

【目的】

母はiPhoneiPad、父はiPhoneを、それぞれバックアップ&ソフトウェアアップデートする

 

iTunesでのバックアップデータ保存先を、iMacから外付けHDDに変更する

まず母、父それぞれにのデータがごちゃ混ぜにならないようiMacのユーザーを新規追加。

母のユーザアカウントでiMacにログインしたらiTunesに接続。

外付けHDDにバックアップするので、バックアップデータの保存先を変更。


↓やり方↓


上部のFinderメニュー「移動」をクリック

>optionキー押す

>表示された「ライブラリ」選択

>階層表示でMacintosh HD/ユーザ/imacの名前/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup までたどる

※ユーザ・アプリケーション・システムと同じ階層にも、同名の「ライブラリ」があるがこれは別物なので注意。

>Backupファイルを外付けHDDにそのままドラッグ&ドロップ

>移動が完了したらiMac側のBackupフォルダはごみ箱へ。捨てないとショートカットが作成されないので注意。※まだ完全消去しないこと。

>ターミナル起動

>【ln -s 】(エルエヌ+半角スペース+ハイフン+エス+半角スペース)を入力

>先ほど外付けHDDに移動させたBackupフォルダをターミナルにドラッグ&ドロップ。

ln -s /Volumes/BUFFALOなんとかかんとか(外付けHDDの名前)/Backup  となるはず。

>次に、先ほどのMobileSyncフォルダ(iMac側の)をターミナルにドラッグ&ドロップ。

/Users/iMacの名前/Library/Application\ Support/MobileSync が追加されるはず。

>ここまで書けたらEnter押す

>成功していれば、MobileSyncフォルダの直下に、外付けHDD内のBackupフォルダへのショートカットが作られるはず。

>ちゃんとバックアップデータの保存先として外付けHDDが認識されているかチェック

iTunesを起動

>左上のiTunes→環境設定→デバイス

>デバイスのバックアップ欄に、これまでのバックアップ履歴が表示されていればOK

>最後にごみ箱に入れていたBackupフォルダを消去

 

これで、iTunesiPhoneをバックアップする際に、「このコンピュータ上で」「手動で今すぐ」バックアップを選択した際のデータの保存先が外付けHDDに変更されたことになる。

 

で。

 

②いざバックアップ

いつも通り、「このコンピュータ上」を選択してまずはバックアップ。

その後、ソフトウェアアップデートを行う。

ただ、iPhoneのストレージが足りないとアップデートが行えない場合があり、今回もそうだった。

そこでバックアップのみで

 

③標準の「写真アプリ」の保存先を外付けHDDに変更する

 

外付けHDDに「写真」  アプリが入ったあと。

次にiPhoneの中の写真をバックアップするときは、次の作業をする。


「写真」 アプリ>左側のメニュー一覧からデバイス>〇〇(ユーザ名)のiPhone>右上に「すべての新しい項目を読み込む」という青いボタンがあるので選択


これで前回バックアップした時以降に撮影された写真が外付けHDD内に取り込まれて保存される。

本当に保存されているか確認するには、パソコンからiPhoneを取り外した後に、この「写真」アプリを開き>左メニューのライブラリ>写真を選択して、最新の写真や動画が入っていることを確認ればよい。